ディズニーランド バイト 体験談

ディズニーランドのバイト体験談|外部業者として働くのもお勧めです

私は元々、ディズニーが大好きです。
それで過去に色々な形でディズニーの仕事をしてきました。

 

どれくらい好きかというと、
ディズニーの仕事がしたくて、近くに引っ越したぐらいですから。
ディズニーに近い方が採用されやすいと聞いたので。

 

さて、ディズニーの仕事ですが、大きく二つの方法で働きました。
一つが一般的な方法、つまりキャストとしてのアルバイトです。

 

これは正にディズニー直結の仕事ですから、
毎回、本当に楽しかったです。

 

ただ、ディズニーではあまり多くの金額を稼げません。
シフトが固定的で融通がききにくいからです。

 

で、もう一つ、私がディズニーに関わるためにやっていたのが
外部業者として働く、という方法。

 

イメージとしては、
オリエンタルランド社員とアルバイトキャストの間的な感じです。

 

ディズニーの運営はアルバイトキャストが中心となってなされますが、
例えば保守点検など、アルバイトではカバーしきれない領域があります。

 

ディズニーはそれらを外部の業者に委託するのですが、
それを請け負う会社は、ディズニー向けに専用の人を割り当てます。

 

ですから、仕事にもよりますが、
ほぼディズニーで仕事をすることになるのです。

 

アルバイトキャストは、基本的に自分のロケーションで仕事をしますが、
外部業者の場合、特定のロケーションのみということは少ないので、
ランド・シー内を自由に移動できるのも魅力の一つです。

 

結果的にアルバイトキャストが見られないようなところにも
行けることが多くなります。

 

事務所もパーク内ということが多いので、
そういう意味で、ほぼ終日をパークで過ごすことになります。

 

もちろん、日中はパーク内に
多くのゲストがいるので裏方仕事が中心です。

 

パーク内で作業する場合、ゲストが帰った後になりますから、
昼夜が逆転した生活を余儀なくされることもあります。
そういう意味では体力が必要な仕事と言えるかもしれません。

 

ただ、アルバイトキャストと違い、色々な意味で自由度が高いので、
そこも魅力の一つでしょう。

 

仕事によりますが、給料がそこそこもらえるので、
ディズニーが好き、かつ一定のお金が欲しい、
という人にはお勧めの働き方かと思います。