ディズニーランド バイト 体験談

ディズニーランドのバイト体験談|寂しい生活が一転、楽しい生活へ

地方から上京した私は、東京でしかできないことをしたいと考えていました。
そこで浮かんだのがオリエンタルランド。

 

バイトの募集を見つけ、空きのある部署ならどこでもいいからとお願いして
なんとか採用してもらいました。

 

実際にアルバイトしてみて、一番よかったのが友達がたくさんできたこと。
働き始めたのが上京して間もなくであったため、
当時は周りに友達が全くいませんでした。

 

ところが園内には同世代の人がたくさんいます。
色々なセクションの人と知り合うことができるので、すぐに友達になれるのです。
仕事が終わった後、良く遊びに行くようになったのは言うまでもありません。

 

最初は友達がなく、寂しい状態からスタートした都会暮らしでしたが、
バイトのお蔭で楽しい東京生活に一転しました。

 

バイトを辞めてからずいぶん経ちますが、
今でも当時の仲間とは交流しています。
会うと、当時のことを懐かしく話し合っていますよ・・・。

 

 

ディズニーは最高の職場

 

学生時代、キャストとして働いていました。
最初の面接の段階では、色々と厳しいことを言われ、
不安を感じながらのスタートでしたが、そんな心配は全く不要でしたね。

 

29歳の現在まで、本当に色々な仕事を経験してきましたが、
もう一度やれるとしたら、一番にディズニーを挙げることでしょう。
それほど、当時は毎日が充実していたんです。

 

仕事自体は、ある程度のこと覚えなければなりませんが、
しっかり研修してくれますし、どのような仕事になったとしても決して
難しくありません(当時と今は少し違うかもしれませんが、基本は一緒かと)。

 

強いて言えば、仕事をテキパキとこなしていく姿勢が欠かせません。
ゲストの数がものすごいですから、もたもたしていると
ゲストに嫌な思いをさせてしまうことになるのです。

 

なかには職場にうまく溶け込めず、すぐに辞めていく人もいますが、
それはどのような職場でも同様だと思います。

 

私にとってディズニーは本当に良い職場だったと
今でも強く思っています。